プロフィール


風見正三 (Shozo Kazami)

1960年生。日本大学大学院理工学研究科博士課程前期修了後、財団系シンクタンクで地域振興計画に関する調査研究業務等に従事。その後、1987年、総合建設会社に入社し、全国の都市・地域開発業務などに従事する。1991年、英国国立ロンドン大学大学院に留学し、都市地域計画学修士、経営学修士を取得するとともに、「地球サミット」のロンドン部会に出席する。帰国後は、地域プランナーとして様々な地域活性化プロジェクトに関わる。2007年、東京工業大学大学院総合理工学研究科環境理工学創造専攻博士後期課程修了、「都市の環境持続可能性指標の開発に関する研究」にて、博士号(工学)を授与される。同論文に関連した学術論文にて、2006年度日本不動産学会・学会賞(論文賞)を受賞する。2008年4月から、宮城大学事業構想学部教授に就任。全国の都市再生、地域再生、環境共生のプロジェクトや都市政策、環境政策、ソーシャルビジネス、コミュニティビジネスに関する調査研究に携わっている。社会活動としては、政府、地方自治体の調査委員会や審議会の委員等を歴任しながら、持続可能な地域づくりと地域産業創造、コモンズ社会の創造に積極的に取り組んでいる。2011年4月から2012年3月まで、宮城大学地域連携センター副センター長に就任し、南三陸町震災復興計画の策定支援の他、様々な震災復興支援活動を行ってきている。現在、東松島市の被災した小学校を「森の学校」として再建するプロジェクトをC.W.ニコル氏と共に進めているとともに、コモンズの視点とコミュニティビジネスの手法から様々な持続可能な地域創造プロジェクトの実践を進めている。2012年4月から2016年3月まで宮城大学事業構想学部副学部長を務め、2016年4月より宮城大学事業構想学部学部長(現:事業構想学郡長)•宮城大学大学院事業構想学研究科長に就任。

2017年、「森の学校」でのプロジェクトにおけるコミュニティ形成の仕組みから「グッドデザイン賞2017」を受賞。現在に至る。

学位等

専門分野

所属学会

社会活動